Home >> 事業紹介 >> 営業開発部門 >> OSクール工法

営業開発部門

OSクール工法(遮熱・塗装工法)

OSクール工法とは、経年劣化したスレート・鋼板の屋根・壁面を張り替えたり、かぶせたりするのではなく、そのまま補修・再生し、耐久性を向上させると共に、遮熱・断熱・防水などの多目的な機能を付加する新時代の塗装工法(建築物構造物維持補修工法)です。

35年以上の実績と最低10年間の保証書をおつけします。
佐藤商事が建設業の許可を持ち
「元請」として施工致します。

35年の実績 責任施工 10年間以上の保証 35年の実績 責任施工 10年間以上の保証

遮熱・断熱効果
夏は室内温度を3〜7℃下げ、冬は保温効果を高めます。快適な作業環境づくりを提供すると共に、空調経費を節減し、CO2削減に貢献します。

耐久性の再生向上
耐衝撃性等の強度を再生させ、メンテナンスを含むトータルコストの節減をします。

耐候性の向上
不透水性、耐食性、耐凍結融解性、耐酸性、耐アルカリ性を向上させます。

アスベスト粉塵の飛散防止
スレート屋根のアスベスト粉塵を抑え込み、アスベストの大気中への飛散を防止します。

OSクール工法には屋根材質に最も適した2つの仕様があります。

スレート仕様

スレート仕様

  • 遮熱・断熱保温効果により省エネルギーで快適な環境となります。
  • 劣化したスレート板の強度を再生、向上させます。
  • 風化したスレート表面を押さえこみ、防水性を向上させます。

鋼板仕様

鋼板仕様

  • 遮熱・断熱保温効果により省エネルギーで快適な環境となります。
  • 融雪を早める効果があります。
  • 塩害に対して長期防錆力があります。
  • 高い遮音性により雨音、風音を抑止します。

OSクール工法は、プライマー材・ベース材・トップコート材の3層仕上げであり、それぞれの材料が複合的に多くの効果を生み出しています。

OSクール工法 トップコート材
ベース材
プライマー材

実際の効果

実際の効果

お客様の声: 1) 炎天下の屋外から室内に入ると、涼しさを感じるようになった。
2) 頭上のモヤモヤした不快感が全くなくなった。
3) フォークリフトに乗ると風が涼しく、心地よく感じるようになった。

実際の効果

お客様の声:  1) 施工直後から使用電力量が減少し、相当な電気料金が節約できた。
2) 従業員も、職場環境改善への取組みを高く評価してくれた。
3) 遮熱効果だけでなく、防水、防音効果も大きく、不快感がなくなった。
4) 建物の美観が長く保てるようになった。

ページトップに戻る

営業開発部トップに戻る