Home >> 事業紹介 >> 営業開発部門 >> フィルスター

営業開発部門

フィルスター

水溶性液体内の固形物を回収するエレメントレスフィルター

FILSTAR(フィルスター)

特徴 条件
  1. コンパクト
  2. フィルター交換必要なし
  3. 長寿命
  4. 高濾過率(回収率)95%
  1. 液体  水エマルジョン系
  2. 粒子  10μ
  3. 比重  1.5
  4. 流圧  0.2Mpa
使用用途
  • 各工場 工業用水・クーリングタワー
  • 工作機械 マシニング・研磨機
  • 金 型 ワイヤーカット・研削盤・研磨機
  • 電子機器 スラッジ除去・ハンダ
  • 自動車 クーラント・塗装ライン・洗浄水
  • 高級材料 原料の回収
  • 鉄 鋼 冷却水・循環水
  • 化 学  スラッジ・洗浄装置
  • 製 薬 原料の租濾過・純水の前処理
  • 食 品  工業用水・切りくず除去
  • 半導体 ガラス加工・クーリングタワー・排気ガス・純水
工作機械用切削液 研削液 還元システム

エレメントレスフィルタレスを実現する構造原理は特許出願済の3テクノロジーからなります。3テクノロジーとは超遠心ブロック、高沈降ブロック、静沈殿ブロックをコンパクトに一体化した流路構造体です。

超遠心ブロック
左図INより微粒子等のゴミの混入した使用済み流体がSUSの特殊加工されたブロックの中で超遠心状態となり、その作用により微粒子等のゴミが外側へ 、ゴミの取り除かれたきれいな流体が中心の方向から左図OUT方向へ流れて行きます。

高沈降ブロック
分離された微粒子等のゴミは、特殊加工、表面処理された左図の高沈降ブロックでさらに左図OUT方向へ流れ込まないように下方向へ沈降させます。
この高沈降作用により、超遠心ブロックで高精度に分離されたゴミを逃がさず、下方向へと高精度分離を維持します。

静沈殿ブロック
高精度に分離され、沈降してきた微粒子等のゴミを最後に沈殿させます。
イメージとしては、ゴミは水の中に落とすと時間をかけてゆっくりと下に沈んでいきます。つまりこのシンプルな作用を「FILSTAR」では瞬間的に行っているのです。


モデル別仕様

   形式  流量範囲  材質  取り合い  ドレン  全長(mm)
 Type S   KS-15  8〜15L/min  SUS304      Rc1/2  R3/4  370 
 KSS-20  15〜20L//min  Rc3/4  R3/4
 Type M   KSM-25  20〜40L/min  Rc1  R1  512
 KM-32  40〜60L/min  Rc1/4  R1-1/4  715
 TYPE L   KML-40  60〜120L/min  Rc1-1/2  R1-1/2  876
 KL-50  120〜250L/min  Rc2  R1-1/2  1038

オールインワンシリーズ

FILSTAR CU(Conveyor Unit)

FILSTAR CU(Conveyor Unit)

FILSTARオールインワンパッケージコンベアユニット。
IN、OUT、OFの3本を既存タンクにつなぐだけで、FILSTARの高精度濾過を簡単に実現します。
スラッジ自動掻き出し機構付で、その日からメンテナンスフリー。

コンベアユニットフロー図

ダーティー液吸い込み、10μ濾過、クリーン液吐出、
スラッジ排出が電源を入れるだけで、全自動運転のオールインワン
設置したその日から完全メンテナンスフリー!

詳細

  • 既存工作機械のクーラントタンクに後付設置対応
  • 回収したスラッジを自動掻き出し
  • 圧倒的なコンパクトデザイン(200×1,150×1,250mm)
  • 濾過精度10μ〜4mmを90%以上回収
  • 処理流量15〜50L/min対応

FILSTAR PU(Pump Unit)

FILSTAR PU(Pump Unit) FILSTARオールインワンパッケージポンプユニット。
IN、OUTの2本を既存タンクにつなぐだけで、FILSTARの高精度濾過を簡単に実現します。
ドレインカップ付で、その日からメンテナンスフリー
ポンプユニットフロー図

ダーティー液吸い込み、10μ濾過、クリーン液吐出、
スラッジ排出が電源を入れるだけで、全自動運転のオールインワン。
後はスラッジが溜まったら捨てるだけ。

詳細

  • 既存工作機械のクーラントタンクに後付設置対応
  • 回収したスラッジを完全捕捉するドレンカップ付
  • 圧倒的なコンパクトデザイン(200×900×1,000mm)
  • 濾過精度10μ〜4mmを90%以上回収
  • 処理流量15〜50L/min対応

製造元:(株)industria

ページトップに戻る

営業開発部トップに戻る